スポンサードリンク



【妊活ニュース】29人参加の卵子凍結研究への助成今年いっぱいで終了へ【千葉県浦安市】

スポンサードリンク



先日、朝日新聞デジタルでこんな記事を目にしました。

 

千葉県浦安市が少子化対策として行ってきた、順天堂大学浦安病院(同市)の未受精の卵子の凍結保存への助成を今年度で終了することがわかった。

自治体が卵子凍結保存を支援する初の試みで、市は「将来に産みたい人の選択肢を増やせれば」と、2015年度に助成を始めた。対象は市内に住む20~34歳の女性。採卵のリスクなどの説明会への参加を条件として、3年間で30人を目標に計9千万円を同病院に助成。卵子を凍結した女性は3年間の管理費約30万円が免除されるなど、自己負担が約3割ですむ。

この事業をめぐっては、日本産科婦人科学会の委員会が治療目的でないのに採卵のための負担がかかるとして、健康な女性に「推奨しない」との見解をまとめるなど議論を呼んだ。病院によると、29人が▽仕事の都合(14人)▽生殖機能低下の恐れがある病気など(9人)▽配偶者や交際相手の海外出張(6人)――を理由に卵子を凍結した。今のところ、体内に戻す意向を示した人はいないという。

同病院は今後も凍結保存の研究を続ける方針。凍結から4年目以降は自己負担が増えるが、病院は助成が切れた後も、凍結した女性に対し、保存の継続や体外受精などの意向の確認を続けるという。市の担当者は助成を予定通り3年で終える理由について「市民に出産適齢期を考えてもらうきっかけにもなった」と説明している。(長屋護)

記事引用:朝日新聞デジタル

妊活プランナー
将来に産みたい人の為に行った研究で2015年から助成が始まったみたいですが、結局29人が卵子を凍結保存したのですが、体内に戻す意向を示さなかった事に違和感を感じました。
正直、35歳以上の不妊治療で頑張っている世帯に助成をして貰った方が良かったと個人的に思ったニュースです。

【2018年版】第2弾!これだけは読みたい!妊活におすすめの妊活本5冊Part2

2018年3月19日

【仰天!妊活ニュース】台湾でなんと62歳で男児を自然分娩で出産!

2018年3月9日

まずは妊活プランナーの私自身の紹介をしたいと思います。

妊活プランナー

■2月21日生まれ。(年齢はゴメンナサイ)安室ちゃん・SMAP世代です。

■大阪府箕面市出身

■短大卒業後。保育士として保育園に勤務。

■24歳:結婚。(旦那は1歳年上)

■新婚旅行はハワイ。(一瞬でハワイに虜)

■26歳:不妊治療を開始(タイミング療法を始める)

(人工授精も開始(計10回程)
(この間、1年程不妊治療を休む時期もあり)

■30歳:体外受精の末妊娠!(最初で最後と決めていた治療で懐妊!夫婦で泣いて喜びました!!)

■31歳:第1子長男出産

■32歳:なんと・・・自然妊娠で第2子授かりました

■33歳:第2子長女出産(なんと上の子と下の子は同じ誕生日)

■現在:子育てしながら、不妊治療・出産など妊活に励んでいるカップルの為の、妊活応援サイト「ベビ待ちnet」を開設!

 

結婚したら、妊娠すると思ってはダメ!

私の想いはただ一つ

赤ちゃんが出来やすいカラダ作りを結婚前から取り組む事も大事!

不妊治療中は精神的・経済的に本当に大変です。

ストレスは本当に体にも夫婦関係にも悪影響を与えます。

そこで出番なのが、旦那さんです!!!

旦那さんからの寄り添う一言や気分転換の旅行のサプライズ!

夫婦二人で妊活ライフに向き合うことで、「旦那も一緒に妊活してると感動・愛情UPします」

夫婦で妊活ライフを乗り越えるのが、結婚してからの最初の高い壁だと思いがんばりましょうね!!!

 

誰もが、若い頃は結婚したら直ぐに赤ちゃんが授かると思っていますよね?

私自身も独身時代や若い頃は、結婚したら直ぐに、赤ちゃんが授かるものだと思っていました。

ですので、結婚して1年は新婚生活を堪能したかったので、子作りに積極的ではありませんでした。

そろそろ赤ちゃんが欲しいね?

そうだね♪

と結婚2年目を過ぎた頃から、妊活を本格的に始めました。

その当時は、妊活と言う言葉も無く、赤ちゃんが授からない事に後ろめたさを感じる時代で、

周りの自分より遅くに結婚した友人が先に妊娠したり、姉妹が妊娠したりすると

祝いたい気持ちはあるのですが、それと同時に悲壮感が湧き泣いていました。

 

”子供がいる人生だけが、人生では無い!”

 

と思う事にしたり、「子供が欲しいから結婚したんじゃない」と旦那さんも言ってくれ、不妊治療を休んだ時期もありました。

しかし、私はやっぱり子供が大好きで、結婚する前は保育士で働いていた事もあり、諦めきれずに、不妊治療を再開!た。

不妊症で悩む方の多くは、不妊治療を受けるに関して、経済的な面、夫婦関係・周りの言葉などでストレスが溜まり心身が疲れる事が多いです(私も経験しました。)

だからこそ、まず妊娠しやすいカラダを作る為に、心を癒し・気持ちを明るくもつ事で良い方向になると思います。

 

 

 

妊活中の大敵はストレス!

不妊治療中は体調管理や基礎体温を計測して排卵日の予測をしたり、冷え性なので、体を温めなければと、生姜湯を飲み

葉酸・マカが良いと聞けば服用しあらゆる物にすがりました。

毎日の基礎体温の測定が低くなってないかぁ~怖くて・・・

生理が来たら泣き崩れ・・・・

結局、それが見えないストレスになっていたかも知れません。

ただ、一番のストレスが・・・・周りの目でした。

 

自分の両親・親戚・主人の両親・親戚など身近の人と
冠婚葬祭やお正月で集まる度に、その話題(子供の予定は?)が出るので、本当に辛かったです。

もちろん不妊治療期間が長くなるにつれ、身内は気を使って話題にも出さなかったです。
(それはそれで辛いですけど・・・・)

体外受精にステップアウトから妊娠まで・・・・・

結婚して6年不妊治療4年、休息期間1年を入れ不妊治療のステージは体外受精の段階でした。

主治医には、夫婦どちらにも原因が見当たらないと言われていたのもあって、タイミング療法に拘っていたのですが、遂に主治医から体外受精を勧められました。

準備期間は想像以上に辛く、排卵誘発剤の副作用で入院したり、本当に辛かったです。

正直、「特定不妊治療費助成金」を給付されても、経済的に厳しく・・・
それと同時に見えない出口に絶望感に包まれました。

主人とは

妊活プランナー
1回体外受精をしてみて、ダメだったら、もう、不妊治療を卒業しよう!
と話し合い。

治療の日まで、ストレスフリーな生活をしてむかえました。

そのおかげか、1回目の体外受精で妊娠

妊娠してからは、流産しないか、毎日不安で心音が確認出来るまで不安で・胎動が弱いときは不安で安定期に入るまで、不安との闘いでした。

そして、出産

1年後に・・・・・・

2人目は、自然妊娠!!!!!!

 

現在、妊活中のご夫婦に伝えたい3つのポイント!

妊活プランナー
1・不妊治療を次のステージに行くのは不安で・・もしダメだったらと躊躇してしまいそうですが、結果、早く次のステージにステップアップする方が経済的にも・年齢的にも良い場合もあります。

私達、夫婦は中々タイミング療法からのステップアップが出来ませんでしたが、体外受精にステップアップして1回目で妊娠しました。

妊活プランナー
2・ストレスが溜まったり・夫婦関係がギクシャクしたりしたら、子宝スポット巡りや子宝温泉・子宝アイテムなどの計画・プレゼントは旦那様がプランニング!

奥様からは、なかなか言い出せないし、旦那様から提案・プレゼントされたら、「旦那も一緒に妊活してると感動・愛情UPします」

妊活プランナー
3・最も伝えたい事は、「ストレスフリーな生活を過ごして下さい!

 

【妊活カップル必読】精子と卵子の質をUPさせる最高の食べ物とは!

2018年1月17日

ベビ待ちの妊活中のベビ待ち女性に!冷えに負けないオススメの腹巻の選び方!

2017年12月27日

不妊の最大の敵!冷え性を解消する「温活」で妊娠力をUPさせる妊娠体質に大変身!

2017年12月21日

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

結婚してから6年目・不妊治療4年の末妊娠・出産・2児のママ。 不妊症で悩む方の多くは、不妊治療を受けるに関して、経済的な面、夫婦関係・周りの言葉などでストレスが溜まり心身が疲れる事が多いです(私も経験しました。) だから、まず妊娠しやすいカラダを作る為に、心を癒し・気持ちを明るくもつ事で良い方向になると思います。 不妊治療だけではなく、妊娠してからも、無事産まれてくるのか、心配しますよね♪ 赤ちゃんが欲しい!子宝・安産を願う夫婦にポジティブな情報を届けていきます。